古 代 哲 学 会

The Society of Ancient Philosophy

古代哲学会とは

古代哲学会は、日本における西洋古代哲学に関する研究の進展と普及、および会員相互の親睦を目的とする学術組織です。

「古代哲学会」という名称は、1979年に「古代哲学談話会」を改称してつけられました。古代哲学談話会は、田中美知太郎先生が京都大学で教鞭をとられていた時代 (1947年-1965年) から京都大学で活動しており、藤澤令夫先生が教鞭をとられていた1968年に本会会誌『古代哲学研究 (Methodos)』の第一号を発行しました。それ以降、毎年、一冊の会誌を発行し、また会誌に掲載された論文をめぐって討議を行う「古代哲学会談話会」を開催しています。2018年には創刊50号記念号が発刊されました。

編集委員

中畑正志(京都大学・教授)

瀬口昌久(名古屋工業大学・教授)

栗原裕次(東京都立大学・教授)

早瀬 篤(京都大学・准教授)

西村洋平(兵庫県立大学・准教授)

最新のお知らせ(ここをクリックすると過去のお知らせも見ることができます。)

2021年8月7日(

 第53回古代哲学会談話会がオンラインで開催されました

過去のお知らせ

2021年8月3日(火)

 第53回古代哲学会談話会の案内を修正しました。

2021年7月10日(土)

 第53回古代哲学会談話会の案内を掲示しました。

2021年4月5日(月)

 ドメイン名をancientphilosophyjapan.orgに変更しました。

2020年10月10日(土)

 新しいウェブサイト(暫定版)を公開しました。

2020年9月12日(土)

 古代哲学会Zoom談話会が開催されました。